• トップページへ
  • 商品情報
  • 歯周病(歯槽膿漏)とは?
  • 歯周病・歯槽膿漏チェック
  • お客様の声
  • よくあるご質問
トップ > 歯周病(歯槽膿漏)とは?

歯周病(歯槽膿漏)とは? 歯周病(歯槽膿漏)とは?

あなたのお口は大丈夫ですか?

  • 歯ぐきからよく出血する
  • 歯ぐきが腫れている
  • 歯ぐきから膿が出る
  • 歯ぐきが退縮してきた
  • 歯ぐきがぶよぶよしている
  • 口臭がつよい

これらは歯周病の代表的な症状です。
1つでも「あてはまるかも・・?」と思ったら、歯周病かもしれません。

歯周病とは、歯を支えている組織(歯ぐき・歯根膜・歯槽骨・セメント質)に、さまざまな症状を引き起こします。今、歯を失う原因として最も多いのが歯周病であり、約80%の成人が歯周病であるといわれています。

歯槽膿漏とは、その歯周病の中でも最も重い症状で、何もしなくても歯ぐきから血や膿が出たり、ひどい口臭が発生したり、歯がグラグラしてきます。もし、そのまま症状が進行してしまうと、歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

歯周病の進行過程 歯周病の進行過程

歯肉炎とは
歯肉炎とは、歯周病の中でも初期の段階で、歯ぐきに炎症が起きている状態をいいます。歯ぐきが腫れたり、歯みがきのときに血が出たりという症状が見られます。 この段階では痛みがほとんどないため、症状に気がつかなかったり、「たいしたことはないだろう」と放置したりする人も多いようです。しかし、放っておけば症状はどんどん進んでしまうので、初期段階でしっかりケアすることが大切です。
歯周炎(歯槽膿漏)とは
歯周炎(歯槽膿漏)とは、歯周病がある程度進行した状態のことです。 歯周炎になると、歯ぐきが腫れる、口臭が発生する、歯ぐきから出血したりするだけではなく、歯垢(プラーク)中の細菌によって歯槽骨が破壊され、歯周ポケットが徐々に深くなっていきます。それに伴って歯ぐきが退縮していくと、歯が長く見えたり、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなります。
さらに重い症状になると、何もしなくても歯ぐきから血や膿が出たり、ひどい口臭が発生したり、歯がグラグラしてきます。もし、そのまま症状が進行してしまうと、歯が抜け落ちてしまう可能性もあります。

歯周病の進行過程 図解 歯周病の進行過程 図解

ハイテクト生薬の恵み 商品情報へ ハイテクト生薬の恵み 商品情報へ

*歯周病は歯肉炎、歯周炎の総称です

歯ぐきの炎症をおさえ、歯槽膿漏を防ぐ薬用ハミガキ。ハイテクト生薬の恵み

ページトップへ